worldreports
http://kohkiworldreports.blog90.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
逆子  会員さんからのレポートです
2009-04-09 Thu 20:01
バジル

【主訴】
逆子

【性別・年齢】
26歳(当時)女

【施術のペース・改善までの施術回数】
1日2時間ほどの施術、5日目で逆子がなおる
その後一度戻るも2週間連続で受けて最後は正常の位置で安定する

【服薬の有無など医療機関での治療内容】
助産院で逆子のための逆子体操

【ご本人がされたセルフケア】
KOHKIアミーで1日2,3回セルフケア
グリーンエステ

【施術の経過】
26歳のころ初めての子供を妊娠したとき。
昔から自然分娩に興味をもっていたので、できるかぎり母子共に自然に近いお産をしたいと思っていました。
通っていた助産院でおなかの赤ちゃんが逆子です、と告げられたのは、妊娠8ヶ月に入ったばかりのこと。
逆子を直すための体操を教えてもらい、一日数回行っていたけれど、まるで効果なし。
「このままだったら自然出産どころか、帝王切開せざるを得ない」

当時、2年前から腰痛治療のために通って、その効果に驚き、自分でも勉強をしていた光輝。
光輝の診断では私の逆子は「冷え」からくるものだ、ということでした。

病院では逆子の原因は不明、と言われたけれど光輝では、
「下半身が冷えていると、赤ちゃんは大事な頭を冷やしたくないから、温かい肝臓や心臓のある上のほうに頭をもっていってしまう。足の冷えを徹底的にとったらいい」と言われました。

まさにこの時、冬の1月。冷え性じゃなくても寒い時期。
思えば自分、あまり寒くない地域に住んでいたのに、幼稚園時代は両足がしもやけで歩けなくなった。小学生のころはひどい便秘に悩まされ、中学生で肩凝り・腰痛、高校生のころは寒がりで靴下3枚重ねばきしていた。平熱は常に35度ちょっと。筋金入りの冷え性だったことを、思い出した。

それから連日、一日約2時間かけて、下半身の冷えをとる施術をしていただきました。
5日目の施術が終わった夜、おなかの赤ちゃんがボカボカッと動き、翌日の検診でエコー検査をしてみると「逆子が治っている!!!」助産婦さんが驚きの声を上げました。

「油断して冷やしたらまたすぐ戻るよ」その言葉のとおり、その後一度戻ってしまったけれど、約2週間続けて施術を受けたら、最終的には骨盤の奥深くにあかちゃんの頭はすっぽり、ベストポジションに収まり一安心。

光輝を毎日受けたために、妊娠後期にも関わらず、妊婦さんにつきもののむくみ・胃もたれ・肩凝り・腰痛・貧血などの不快症状は一切なし。身体も妊娠初期・中期よりずっと軽やか。

なるべく自然な出産を希望してたので、分娩台に乗らずに好きな姿勢で産ませてくれる場所を選びました。噂に聞いていた、顔の血管が切れる、とか手に血豆ができる…死にそうなほどのいきみを体験しないまま、思っていたより3倍は簡単に、スポーンと飛び出るように赤ちゃんが産まれてきました。その後先輩妊婦さんに話を聞いたら、光輝は筋肉に弾力をつけるから、筋肉でできている産道も楽に開く、という話。なるほど。

現在、息子は3歳。男の子は普通風邪を引きやすい、とか、弱いとか言われるけど、とーんでもない、とっても丈夫。風邪なんて、うまれてからまだ10回もひいていない。おむつかぶれも一度もない。

「おなかの中にいるうちに光輝をたくさんかけておくと、産んでから後が楽だよう~」前に先輩ママが言ってた言葉を思い出す。

息子が逆子になっていなかったら、あんなにたくさん施術をうけていなかったな、災い転じて福となるとはまさにこのことだなあ、と、元気すぎる息子を見るたびしみじみ思う、今日この頃です。(T.I)



別窓 | 症状名 - サ行 - | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<尿たんぱく | KOHKI World Reports | バセドウ病  そしてご懐妊>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| KOHKI World Reports |
copyright © 2006 KOHKI World Reports all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。