FC2ブログ
worldreports
http://kohkiworldreports.blog90.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
歯茎・顎関節の炎症
2009-05-03 Sun 10:13
【主訴】
歯茎・顎関節の炎症
歯の矯正・抜歯後、左奥歯の抜歯跡が腫れ(ドライソケット)、痛みが激しく、また噛み合せも矯正の為に一時悪くなり、顎が痛かったり噛めなかったりで、ろくに食事もとれなくなってしまったケース
 
【性別・年齢】
女性、43歳

【施術のペース・改善までの施術回数】
 1週間のあいだに計3回の施術をおこない、ほぼ普通にモノが食べられるようになる。「全く抗生物質など飲まなくても治っていってるよ。ありがと~~。」とのコメントをいただきました。

【服薬の有無など医療機関での治療内容】
歯の矯正・右左奥歯の抜歯 →ドライソケットの治療で、痛み止めと抗生剤入りのガーゼを患部に入れる
痛み止め2種

【ご本人がされたセルフケア】
顎関節のマッサージ

【施術の経過】
[1回目]
抜歯後2週間ほど経過したが、患部の痛みや腫れがひかず、その間、流動食のほか満足にモノが食べられない状態が続いて、かなり憔悴気味で来られる。
頭痛、むくみ、全身疲労あり。1度目の施術で頭痛、胃の硬さが改善し、口の開きもよくなるが、まだ噛み合せに違和感のこる。

[2回目]2日後に再度施術。深部施術とフェイシャルをあわせておこなったところ、歯の噛み合せが驚くほど良くなった。
肝機能・腎機能の低下が原因とおもわれる全身のむくみの状態もかなり改善してきた。

[3回目]その5日後に3度目の施術。以後、普通に食事ができるようになって、よく食べられるのでだいぶ元気になった。赤く腫れあがっていた歯茎の炎症部分もすっかり良くなった。

*患者さんからの追加のコメント
「もともと胃が弱く、逆流性食道炎の薬を一生飲まなければいけないって言われているにもかかわらず、噛めないから食べるものは丸呑みに近かったのに、また、痛み止め2種類飲んで、その内1種類は強くて胃を壊すのに、(施術後は)胃に来なかったのは驚異的です!! 胃薬飲まななかったのに、胃が痛くならなかったよ~~!それが凄く嬉しい!」


※主訴名は会員さんが医療機関にて受けた診断名、あるいは症状名です。

同様の症状をお持ちで、KOHKI THERAPYを体験してみたいという方は
ブログ内のメールフォームもしくは  info@kohki-japan.org
にてご連絡ください。担当者から後日メールにて最寄のスクールなどをご紹介させていただきます。
初回の体験施術お申し込みの方にブログ「WORLD REPORT」 オープンキャンペーンとして
無料でさせていただきます。



別窓 | 症状名 - ハ行 - | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<右眼の視力低下 | KOHKI World Reports | 咽頭結膜熱(アデノウィルス)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| KOHKI World Reports |
copyright © 2006 KOHKI World Reports all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。