worldreports
http://kohkiworldreports.blog90.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
右足首捻挫(挫傷)
2009-05-01 Fri 11:57
【主訴】
・右足首捻挫(挫傷)
 プラットフォームと停車中の電車との間に右足を滑らせ落下。
 痛みがひどく、すぐに病院に行きレントゲンを撮る。骨には異常がないが、
 靭帯の損傷の程度が非常に強い捻挫であると医師に診断を受ける。

【性別・年齢・職業】
 男性 33歳 会社員

【服薬の有無など医療機関での治療内容】
けがをした当日、病院より鎮痛剤、胃薬が処方される。当日のみ痛み止めを服用するが、強い薬のため、それ以降は服用をやめる。

2週間後、再度病院へ。腫れは引いてきていたものの痛みが続いていたため、再度レントゲンを撮る。

骨には異常がなく、医師より「おそらく骨膜の内出血でしょう」との診断を受ける。

2週間待って、まだ痛みが引かないようであれば再度来院するよう指示を受ける。

スクールでの施術のほかに、セルフケアなどを続け、痛みも改善されてきたため、
この日以降病院には行かず略治とした。

【ご本人がされたセルフケア】
ご本人・・・患部へのグリーン湿布、光輝茶の服用、

ご家族・・・ファミリケアを受講した奥様が毎日、KOHKITHERAPYによる末梢の流し(アミー、器具)
を熱心に行っていただけました。

【施術の経過・施術のペース・改善までの施術回数など】
けがをする以前も週に1~2日のペースで深部施術を受けてきました。

けがをした後も同じペースで深部施術をしていただき、また痛みがあった時にはすぐにグリーン湿布をすることで、不快感は改善。

末梢がつまりやすく、自宅での流しをこまめに行いました。
怪我をした当初は痛みがひどかったため、松葉杖を使っていましたが、
約1カ月で杖なしで歩けるようにな、ジョギングなど走れるようになるまでには約3か月かかりました。


※ファミリケアを以前に受講していただきました奥様が熱心に毎日ご主人にKOHKITHERAPYによる末梢の流し(アミー、器具)をしていただけました。

そのお陰で当初予定していたよりもかなり早く回復を遂げました。

奥様有り難うございました。


※主訴名は会員さんが医療機関にて受けた診断名、あるいは症状名です。

同様の症状をお持ちで、KOHKI THERAPYを体験してみたいという方は
ブログ内のメールフォームもしくは  info@kohki-japan.org
にてご連絡ください。担当者から後日メールにて最寄のスクールなどをご紹介させていただきます。
初回の体験施術お申し込みの方にブログ「WORLD REPORT」 オープンキャンペーンとして
無料でさせていただきます。


別窓 | 症状名 - ナ行 - | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<生理前、生理中の不快症状(PMS)・低体温 | KOHKI World Reports | 腰痛>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| KOHKI World Reports |
copyright © 2006 KOHKI World Reports all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。